2018年6月29日金曜日

ポルトガルのスーパーマーケット

日本で生活していて思うことの一つとして、ビニールがとても多いということがあります。スーパーに行くと、野菜、フルーツ、肉、魚と全てがビニール袋に入っているし、お肉などもレジで勝手にビニール袋に入れられます。日本人の細かいところまで気が効くところからきた文化なのは分かるけれど、さすがに環境に悪すぎると日本に帰って来てからずっと思っていました。

スーパーのビニール袋を使わなかっただけで環境汚染が止まるわけではない!などと何故か怒る人はいるけれども、人間がビニール袋やプラスティックゴミを出しまくるせいで、今は海がプラスティックだらけになっているのも事実だし、魚を獲って解体するとお腹からたくさんのプラスティックゴミが出てくることも事実。

海が大好きな私たちとしては、少しでも綺麗な海や生態系を守っていきたいし、いかなければいけないと強く思っているので、普段出来るだけゴミを出さないようにしています。

そんな時に、日本もポルトガルみたいに何でも簡易包装にすれば良いのに・・・と思いました。そんな訳で今日はポルトガルのスーパーの様子をチラリとお見せします。

ポルトガルに限ったスタイルではないのですが、ポルトガルのスーパーのスタイルはこんな感じでビニール袋はあまり使われていません。ほぼほとんどのヨーロッパ圏の国や南米の国のスーパーはこんな感じだとは思いますが、野菜・フルーツなどはゴロゴロ・バラバラと並べられています。


なんでもかんでもプラスティックには入っていないですし、大きさや色もバラバラ。こういうポルトガルのスタイルが、人間らしいというか、温かみがあるというか、完璧じゃないところが大量生産な感じがしなくて、私たちにはちょうど良くて大好きです。

日本でこういう売り方すると、売れないと業界関係者の方は口を揃えて言いますが、「別に完璧な野菜など求めていない」という日本人も増えてきていると思います。フルーツや野菜のサイズは別にバラバラでも大丈夫、それより農薬少ない方が良い。長持ちするからって全てを特製のビニール袋に入れなくてもいい、それが自然のものだから。そんなロハスな考え方・・・

だんだん日本人もそういう人が増えてきているのだから、会社やお店も早いうちに、その方向に早いうちに持って行くべきだと私たちは思っています。

そして、スーパーの話をしていると決まって出てくるのが、ポルトガルのこの魚の売り方!毎回ポルトガルのスーパーに来て「出た!ポルトガル!」と思う光景なのが、このバカリャウの陳列方法。


バカリャウの売り方のクセがすごい!!!笑 そのままドッカン。ポルトガルは魚だってこんな感じで売ってしまいます。日本のお店にこういう魚の売り方をしろとは言いませんが、この画を見て「あ、過剰包装とかって別にもういらない時代なんだ」って気づいて欲しい!!!笑

ポルトガルで仕事をしていると、日本で仕事をしている時より、環境について配慮しなければならない機会がたくさんあり、とても気分良く過ごせます。

例えば、私たちのようにお魚を輸入していると、よくポルトガルの会社から海の事情を教えてもらうのですが、その中に、最近毎年魚が少なくなってきていて獲れないという話がよく出ます。

ビジネス的には小さい魚でも獲ってしまいたいところだと思うけれど、海の循環を壊さないために、一定の期間は魚が獲れないようにしっかり設定されていて、それをしっかり守っていたりします(←ここ重要)。漁をして良い期間の時も、一定の大きさ以下の魚はちゃんと海に戻したり・・・当たり前だけれど重要ですよね。


日本は先進国にしては環境のことに無頓着なので、少しずつ改善していけたら本当に素晴らしい国になるハズ!!!

実際、一般の日本人は本当にモノを大切にするし、自然を考慮している人もたくさんいるので、後は企業やお店がしっかり行動をして行くことが重要ですね。

もちろん、ポルトガルが全て良いと言っている訳ではなく、こうやってプラスティックに入っているものもありますよ。


便利さの追求で日本がビニール袋大国になったのは分かりますが、これからは日本も便利さよりも、心地良い環境の追求がされていく国になると良いなと心から思っている私たちです。

ポルトガルやヨーロッパに行くと私たち日本人は決まって不便だと感じることがあると思いますが、「心地よい環境」という視点から観るとなかなかポジティブなポイントでもあるんだなぁと思ったり・・・。そんなこんなで、ポルトガルのスーパーを想いつつ、もっと日本のスーパーもロハスな方向性に行って欲しいと願う金曜日でした。

▶︎ポルトガルの無添加商品はこちらから😋🇵🇹

0 件のコメント:

コメントを投稿

今月のポルトガル人気記事【TOP5】

ブログ引っ越しました!

ブログはこちらへお引越ししました! https://www.portostyle.work