2017年12月7日木曜日

日本人の舌に合う代表ポルトガル料理 Arroz de Marisco

日本人の舌に合う合うと散々言って来たポルトガル料理。

ポルトガルの国民食バカリャウ(タラ)のことでしょ?と思われる方も多いと思いますが、それは既にあまりにも定番化しているので、本日は私的にこれってすごく日本人の舌に合うんじゃない?という代表のものを紹介したいと思います。

大体どこのポルトガルレストランに入ってもあるこれ

Arroz de Marisco

下のマットがちょっとダサいのはポルトガルのご愛嬌として置いておいて・・・

スペインでも有名なArroz con Mariscoもありますが、スペインのとは少し違ったポルトガルの伝統料理です。

もちろん味はお店によって違うのですが、スペインのよりポルトガルの方が少し味が優しくダシが海鮮からしっかり取れています。スペイン風はもう少し香辛料などが効いているかな。

ここまでの話で察した方も多いかもしれませんが、Arrozがお米でMariscoが海鮮。分かりやすく言うと海鮮リゾットのような感じですが、お米はリゾットほどモチモチはしていません。

色々な貝類やエビ類が入ってくることが多く、その具のリッチさに毎回驚かされます。日本だったらレストランの利益を考えた上でここまでふんだんに海鮮を入れてくれないかも・・・

そのたっぷり入っている海鮮類から採れたおダシにコリアンダーが惜しみなく使われていて、このシンプルなのに奥深い味がたまりません。

また、アメリカやイギリスなどの英語圏は割と海鮮系が苦手な人も多いので、ここまで奥深い味の海鮮に出会えるチャンスが少ない気がするのでやっぱりポルトガル最高!と思ってしまいますね。

上の写真は自分のお皿に移してから写した写真ですが、最初はこのような感じで出てきます。


ポルトガルの取り分けスタイル。ここはちょっと気を使って入るレストランだったので白い容器に入っていますが、これが銀の普通の鍋でドンッと出てくることもポルトガルでは多々あります。


付け合わせにサラダなどを頼みましたが、これで2人で十分な量です。

ポルトガルでは最初に必ず出てくるパンやチーズ、オリーブなどがあるので、割とすぐ満腹になってしまうのです。

しかし出されるパンなどは食べなくても大丈夫。

出されるがままに食べてしまうと、前のパンでお腹がいっぱいになってしまい、本番が食べられないこともあるので要注意です・・・笑


今回紹介したArroz de Mariscoはナザレのビーチ沿いにあるお店で、ここで食べました。

ALELUIA.


中はポルトガルらしい気取らない「食堂」っぽいレストラン。それでも、少し店内のデコレーションにはこだわって入る感じがするお店でした。

人気店なのかお昼時はいつも混み混みです。


ここも私たちが大好きな「作り手の顔が見えるお店」

家族経営のお店でやっていて、オーナーが切り盛り、ご家族が厨房で作っています。

それがナザレのビーチ沿いの一等地で食べられるのは本当にポルトガルのいいところです。日本などだと、大体こういういいスポットはお金のある大きい大量生産型のレストランに買われてしまうことが多いので・・・

こういう所が私たちがポルトガルに惚れた大きな理由でもあります。ポルトガルの素朴なものの中に、愛がいっぱい。

お店の目の前はすぐビーチ。


ということで私的に、日本人に万人受けするポルトガル料理はズバリArroz de Mariscoです!
食べたことない人、これからポルトガルへ行かれる人、ぜひ色々な場所でこの海鮮ご飯を試してみてください!

そして、みなさんの好きなポルトガル料理も教えてくださいね。


お店:Aleluia Restaurante
TEL:+351 262 553 100
住所:Avenida da Republica 38, Nazaré 2450-103, Portugal


▶︎ポルトガルの美味しい商品はこちらから😋🇵🇹

0 件のコメント:

コメントを投稿

今月のポルトガル人気記事【TOP5】

ブログ引っ越しました!

ブログはこちらへお引越ししました! https://www.portostyle.work