2017年11月7日火曜日

ポルトガル一美味しい、ナザレで食べる魚介フェイジョアーダ!

今回のナザレ滞在で恋に落ちたポルトガルの食べ物があります。

宿の優しいオーナーに「本当に美味しいから!」とオススメされて行ってきたレストラン。

そんなに美味しいならば、海沿いにあるのかと思いきや、見つけるのが少し大変な内側の細い石畳の道にありました。

ポルトガル人がオススメしそうなローカルレストランです。


レストランの名前はMaria do Mar.



はっきり言ってお客さんが入りやすい場所ではなく、もしも紹介されていなかったら確実に入らないであろう雰囲気の場所です。

しかし覗き込んでみると、

意外といい感じ!!!!



ドキドキ。

中に入ってみると、ワォ!とても混み合っている!


そしてとっても家庭的な雰囲気のレストラン。

ポルトガルに割とあるスタイルの大衆食堂的レストランです。

まず日本にはないスタイルのレストランですが、こういうオーナーの顔が見えるレストランがポルトガルの食文化を守っているし、

こういうお店の定着がナザレというそれなりに有名な町でも、全くチェーン店が入ってきてない理由かな?と思いました。






余談ですが、ポルトガルは本当にチェーン店が少ないです。

もちろんないわけではありませんが、

オーナーの顔が見えるレストランがたくさんあるのが本当にいいところであり、私たちが大好きな理由です。

ポルトガルにはあの「大量生産の味」があまりなく、食べ物の周りにはいつも良いエナジーばかり。

観光客も増え、人気スポットになり、これからアメリカに目をつけられたら終わりかもしれませんが、

ぜひこのポルトガルスタイルは崩さないでいてほしいです。






そんなことを話しながら待っていると、

着ました待望のフェイジョアーダ!

Feijoada de mariscos

ブラジルスタイルのフェイジョアーダではなく、海鮮フェイジョアーダです。

ポルトガルも鍋のままテーブルに出されます。

ドンッ




今ではもう慣れっこですが、最初はレストランで鍋のまま出てくる文化に驚いたものです。

フェイジョアーダ(豆料理)とライス、サラダを頼み2人で分けて食べました。


詳しい内容はこんな感じ。

白いお豆にえびや貝類、コリアンダーなどがたっぷり入っている魚介ベースのフェイジョアーダに

サラダとライスを一緒にして食べます。

ライスはタイ米と日本米の間くらいのパラつくライスです。




もうほっぺたが落ちると思うくらい美味しいものばかりでした。

楽しそうに店内で動き回るオーナーのマリアさん。

こんな幸せな人に作って出してもらったご飯は美味しいわけだ!と思いました。



ポルトガルはお店でも家庭の味が食べられるとっても幸せな国。

このスタイルを変えないでいてほしいなとしみじみ思った夜でした。






▶︎ポルトガルの美味しい商品はこちらから😋🇵🇹





0 件のコメント:

コメントを投稿

今月のポルトガル人気記事【TOP5】

ブログ引っ越しました!

ブログはこちらへお引越ししました! https://www.portostyle.work