2017年8月28日月曜日

お気に入りの町となったLagos(ラゴス)

こんにちは。

本日はポルトガルの南のアルガーブの町ラゴスをちょこっと紹介。




アルガーブは塩が有名なので塩の会社訪問に行ってきました。

塩田の説明はドイツの輸入者と共に。

ビジネスの場に女性だけが揃うのは珍しいですね。

さすがヨーロッパ。


そして打ち合わせが終わった後、Algarveの中にある町Lagosという町に行ってきました。

毎回空が広いとつくづく思うアルガーブ内での運転。

爽快です。


ラゴスはアルガーブのかつての首都。

なかなか古い歴史が詰まっていました。



博物館の資料によると、この町は紀元前から貿易で栄えていたそう。

やはりポルトガルの一番南であり、地中海に面した場所なので貿易が行いやすかったのでしょう。

その後、このあたりはイスラム教文化へと移っていった場所なのですが、その際もヨーロッパとアフリカの間の町として発展してきたそうです。


街並みも独特で素敵。

細い裏路地もたくさんあれば、栄えているエリアもたくさん。



リゾート地なので、いるのは観光客ばかりでしたが、

雰囲気がとてもいい町でした。


しかし!この町も1755年のあの大地震に巻き込まれていて、一時期はもう復興ができないのではと言われていた町だそうです。

地震に苦しんだ町や国は、やはり日本人としては親近感が湧いてしまうというか、

そういう地に住む者同士、一緒に頑張ろうという気持ちになります。


今では、衰退していた面影もないほど活気に満ちているラゴス。

頑張れば復興はできるのですね。


ポルトガル人と日本人の「感覚」の近さは

もしかしてこういうところにも理由があるのかもしれません。


地震で被害を受けた割には古い建物が残って良かったな・・・

などと考えながら町を歩き、見つけたレストランでランチをしました。

美味しい場所が分からなかったので、

とりあえず、賑わっていて、素敵なテラス席がある場所に決定。


アルガーブらしいものを食べたいと言ったらこちらをオススメしてくれたので

コレに決定。


またもやアルガーブツナステーキと

豚とポテトとコリアンダーのオーブン焼き。

結果「観光客テイスト・・・」というところでしょうか。

それなりの味しか出なかったのですが、ここでもライスと共にツナが出てきて驚きました。

本当によくポルトガル人はライスを食べるなぁと。



やはり人気の観光地で美味しいお店を見つけるのはなかなか難しいものですね。

それでも、やはりポルトガルには美味しい場所がたくさんあって

毎回幸せな気分になります。


皆さんも、騙されたと思ってぜひポルトガル料理を食べてみてください。

玉ねぎやトマトをたくさん使うので体にもよく、ワインなどと合うので心にも良い。

幸せになれる食事ですよ。



▶︎ポルトガルの美味しい商品はこちらから😋🇵🇹

0 件のコメント:

コメントを投稿

今月のポルトガル人気記事【TOP5】

ブログ引っ越しました!

ブログはこちらへお引越ししました! https://www.portostyle.work