2017年1月30日月曜日

日本ポルトガル協会の会報誌に載せて頂いた記事

実は今月、日本ポルトガル協会の会報誌に載せていただきました。

ジャン!




以下、内容です。

***




『美味しい料理と素朴な人々。』








青い空と哀愁漂う中世の街並み。
1度訪れた人は必ず虜になってしまうと言っても過言ではないポルトガルには
とにかくいろいろな魅力があります。

その中でも、ポルトガル旅行経験者によく聞くのが「ポルトガルで食べたご飯がとても美味しかった」という感想。

ということで本日はポルトガルの米文化を少しだけ紹介させてもらいたいと思います。

皆さんもお気づきかと思いますが、ポルトガル人はとにかくよくお米を食べます。調べてみると、ヨーロッパの中では、お米の消費量が第一位ということが発覚。これが私たちにとってポルトガルが馴染み深い理由の一つかもしれません。

今回のポルトガル訪問で私たちが衝撃を受けたのは、ポルトガルにも田園風景が広がっている場所があるということ。田園風景と聞いたらやはり想像するのは日本の田舎ですが、実はポルトガルにもしっかりあるのです。ヨーロッパで1番古い町の一つセトゥーバル(Setúbal)にあるアルカセル・ド・サル (Alcácer do Salに行く際に私たちはお米のミュージアムを発見しました。



田園風景の中にポツンとあるミュージアムは、ただの建物なのになぜかオシャレ。青い海と緑の田園。この組み合わせがこんなに綺麗なことを私たちは初めて知りました。ポルトガルを表現する際に「哀愁」という言葉はよく使われますが、何故「哀愁」なのかは説明されず、ただ「感じる」ものであったのですが、今回のコンポルタを訪問した際に、その「哀愁」を感じる理由の一つを突き止めた気分になったのは言うまでもありません。

また、リズボンではポルトガル内のトップシェフの一人Henrique Mouro がお米だけのレストランを開き、メディアなどに度々取り上げられています。全てのお料理にお米が使われているレストランBagos Chiado(バゴスシアード)。名前からも分かると思いますが、言わずと知れたリズボンのオシャレ地区シアードにあるレストランです。お米と聞くとやはり想像してしまうものは和風のお店。それがポルトガルレストランであり、またポルトガルの有名シェフによって開かれたものだとしたら行ってみたいと思うのが日本人ではないでしょうか。

私たちも気になったので早速、調査隊として訪問してきました。デザートまでお米を使っているとは一体どんなお料理が出てくるのだろうと思いを馳せながらレストランへ向かうとそこはポルトガルの一般的なレストラン。白いテーブルクロスにカトラリーが並べられたオシャレな雰囲気の店内が待ち構えていました。


洗練された英語を話すスタッフに中に通され、ワクワクしながら席につくと、シェフからのご挨拶。やはりここはとシェフのおススメコースをオーダーしました。スターターとして出てきたのはなんとタラのお寿司。そのまま、お米の入ったコロッケ、エビとナッツのご飯和え、フォアグラとお米のソテー、最後には、お米で出来たスフレが出されました。


どれもこれも美味。お米が入っているのは目に見えたり見えなかったりと、料理によって違いましたが、全体的にポルトガル料理を上手くアジアの風味と合わせ、お米を引き立たせている印象を受けました。




シェフHenrique Mouroと共に。

今回はポルトガルの米事情を少しだけ垣間見ることができ、「ポルトガルとお米の関係の深さは確実に日本人に居心地を良くさせる理由の一つだ。」と確信した、オコメトリップとなりました。

ポルトガル食品輸入会社「ポルトドポルト」
内山 絢香

その他のポルトガル情報も随時ウェブサイトにて更新中です。
詳しくは「黄色いトラム」で検索!


***


記事に出て来たレストランはこちらです。

Bagos Chiado(バゴスシアード)

住所:R. António Maria Cardoso 15B, 1200-026 Lisboa
TEL: +351 21 342 0802



0 件のコメント:

コメントを投稿

今月のポルトガル人気記事【TOP5】

ブログ引っ越しました!

ブログはこちらへお引越ししました! https://www.portostyle.work