リズボンの美味しいレストランPateo 

今日もまた新たにリズボンのポルトガル料理のお店を紹介。

場所はリズボンの街中から少し離れたParque das Naçõesという新しい感じのビジネスエリアです。


ポルトガルのアパタイザーはフランスほど気取ってないけれど、

美味しくて本当に美味しい。

フレンチはオシャレが先を走っているので日本人の口に合わないものも結構あると思いますが、

ポルトガル料理のアパタイザーは本当に日本人に合うと思います!


前回、4ユーロもしたタラのコロッケが不味かったという記事を書きましたが、

本来のポルトガルのタラのコロッケはとっても美味しいのです。

ジャン。


この日はライスをかけてこんな風に食べる日でした。


ちなみに一際目立っているこの黒ボトルは

私達が輸入しているカーザアナディアのオリーブオイルです。

素晴らしい。


やっぱりポルトガル料理にも合う。

そして、お任せにしたら物凄いものが出てきました。

そうその物凄いモノがこちら。↓

ポルトガル料理のタラのオーブン焼きですが、

タラ・・・ どこ?


もちろんこのポテトやホウレンソウやパプリカの下にギッシリ詰められています。

写真だと普通に見えてしまいますが、

これ、大の大人3人で食べても食べきれないほどのボリュームです。


食後はコーヒーを垂らしながら食べる美味しいティラミス

最後は手作りのマーマレードとパンプキンジャムを頂きました。
ありがたい。

新エリアのビジネスエリアにあり、素敵だけれど「ちゃんとポルトガルらしい味」も残っている美味しいレストランでした。

私たちが行った時にはポルトガルで1番有名な裁判官がちょうどコーヒーを
買いに来ているところでビックリ!


ここのレストランは綺麗でオシャレな感じではあるのですが、

しっかりと「お母さん」が作っていて、息子がレストランを綺麗にした感じなので
綺麗なレストランなのにポルトガルの「お母さんの味」がしっかり食べれる場所です。

車がないと行きにくい場所ではありますが、
リズボンで時間が空いた際にはぜひ足を運んでみて下さい。

写真はオーナーのHUGO、私達、私達に四六時中振り回されているダビ。



🍴Pateo
住所: Av. D. João II, 11 B, Parque das Nações 1990-090 Lisboa
TEL: 218 687 208

コメント