投稿

今月のポルトガル人気記事【TOP5】

リスボンの空港近くに泊まってみよう!

イメージ
ワールドカップ初戦、まさかのコロンビアに勝ち、やっと盛り上がってきた日本ですね!笑 昨日の夜はポルトガル対モロッコ戦でしたが、その試合の前に色々なところでクリスチアーノロナウドがフォーカスされていて、おおー!!と思いました。クリスチアーノロナウドからポルトガルを知る人もたくさんいると思うので、嬉しい限りです。
昨日は旅とスタイルの情報誌TRANSITの発売日でした。なんと永久保存版のポルトガル特集!!!早速ゲットし、シトシト雨の中読書タイムです。雑誌と言ってもとても読み応えがあり、ポルトガルの深いところまで入って書かれています!リスボンの定番から始まり、食べ物、サッカー、文化、田舎町のことまで!誰も知らない場所だと思っていた手前、知っているマイナーな場所がバンバン出てくるオシャレ雑誌に興奮気味の私たちです。美味しいコーヒーと一緒にポルトガルの世界に是非ドップリ浸かってみてください。

ということで、こんなに人気が出てきたポルトガル!私たちの発信している情報もきっと、誰かのワクワク妄想旅(笑)や本当のポルトガル旅行にも役立つのでは?と期待しております。これからも、引き続き誰かの役に立てば・・・と思いポルトガル情報を発信していきたいと思います。
今回は空港付近のホテルに泊まった時のお話。リスボンにこれから行かれる方も多いと思うので、オススメしたいのが、到着日と最終日は空港に泊まるという選択肢も入れておくといい!ということ。
というのも、ポルトガルにアジアから着く飛行機ってコネクションの関係上、大体深夜や早朝だったりします。私たちが利用するのはいつもルフトハンザなのですが、ルフトハンザは決まってそう。
今まで、朝の4時にタクシー拾ったり、安全なポルトガルだけれど、これって大丈夫??と思ったことも少なからずあったので、前回空港ホテルに試しに泊まってみたのですが、これがとても楽でした!
今回泊まったのはリスボンの空港から歩いて3分くらいのHOTEL STAR INN。もう空港が見えます。

ただ一晩寝れるだけで十分だったのですが、なんだかロビーもちょっとアートな場所でした。どこかのスタジオっぽい。

ドアを開けると、ベット。

しかし、日本のビジネスホテルのように狭くはなく、洗面台↓

ベット↓

と、とても綺麗でちょっとアーティスティックでワクワクする場所でした。
日本のビジネスホ…

ワールドカップとポルトガルのサッカー観戦

イメージ
ワールドカップがこっそり始まった昨日、なんだかこんなに盛り上がっていないワールドカップは初めてな気がしてしまうのは私達だけではないハズ。と言うことでワールドカップにちなんで本日はサッカーの記事です。
ヨーロッパではサッカーが盛んですが、もちろんポルトガルも例外ではありません。ポルトガルでテレビをつけるとサッカーのチャンネルを見つけられない時はないほど、いつもサッカーのことをテレビでやっていますし、キオスクで売られている新聞などもサッカーの記事が見つけられないことは、ほぼありません。個人的にサッカーが大好きな身としては本当に嬉しく、パラダイスです。
今日はここで、ポルトガル流サッカーの見方を。サッカーの試合の前にはまずスタジアム周辺に出ている露店に立ち寄り、腹ごしらえ。それがポルトガル男の定番です。

スタジアムの周りには必ず何軒か屋台のようなお店が出ていて、いわゆるジャンクフードが売っています。ここの雰囲気を遠巻きにして見るとこのような感じ。試合時間前のスタジアム周辺はとにかく混む!!!

座る場所などはなく、屋台スタイルなので、その場で立ち話をしながらみんなササっと食べて行きます。

ポルトガルではサッカー観戦前に食べると言ったら、これでしょ!!!というものがあり、それがこちらのビファーナ!横にはもちろんビールを付けます!

まさに男飯。日本でサッカー観戦に行くと、若い女の子なども結構いますが、ヨーロッパのサッカー観戦はとにかく男臭い!!!笑 本気の人の割合がとても多いです!笑
イコール喧嘩が始まる危険性も極めて高いので、試合前のスタジアムの周りは警察官でいっぱいです。この日はチャンピオンズリーグでロシアからサポーターが来ていたので、ロシアのチームサポーターと、ベンフィカサポーターが鉢合わせることがないように道を封鎖したり。

なかなかアツいスタジアムの周辺。そしてスタジアム内に入ると想像通りスゴイ光景が 待っています!!!ムンムンとした熱気に圧倒されそうになるほど、皆興奮度がスゴイ。

真っ赤に染まるベンフィカスタジアム。

雰囲気に負けてユニフォームを買ってしまったのは言うまでもありません。笑

とにかく、こんなサッカーにアツいポルトガル人は今回のワールドカップ2018年もかなり盛り上がっています。みんな大好きクリスチアーノ・ロナウドの勇姿を拝むためにも、日本の次はポルト…

リスボンの黄昏れスポット

イメージ
7つの丘からなり、街全体の景色がアートのようなリスボンには、いくつか展望台のような見晴らしが良いスポットがあります。どこから見ても景色が良く素敵なリスボンですが、本日は街中で私たちが気に入っている夕暮れの黄昏スポットをご紹介。
ここは有名なので知っている人も多いかと思いますが、橋と川が見渡せるサンタカタリナ ビューポイント 少し前までは人もそんなにたくさんはいなかったのですが、今となっては観光客でごった返しています。瞬く間に変化していくリスボンには本当に驚かされますし、来るたびに色々な場所の印象や雰囲気が変わって行く様を猛スピードで見るのは面白いものです。

街中に位置しているのでとっても来やすいこのサンタカタリナビューポイント!ここでは地元の人やバックパッカーがリスボンの街並みを背景に、ギターを弾いたり、歌っていたりするので、夕暮れをバックにギター生演奏とリスボンの絶景という黄昏れ時にはモッテコイの場所を提供してくれます。

私たちもそんな雰囲気を楽しむためにレモネードをオーダーして着席。しかし、良いスポットはすぐにとられてしまうので、なかなか良い場所の確保が難しいビューポイントではあります。

世界中の人たちが集まるこの小さなスクエアで何通りもの人生があるんだろうな…あの人達はもうリスボンに来て長い人達かな?こっちのカップルはきっとまだ付き合いたてだね!あのグループはスペインからの修学旅行生かな?などと人間観察をしてみたり、夕日をバックに人々の人生や自分の人生を想い黄昏れてみるのも旅行中の楽しみになるのではないでしょうか。


少しだけネガティブなことを付け足しておくと・・・実はここすこ〜し危ない香りがする場所です。マリファナなんかを吸っている若者やツーリストもチラホラ・・他のリスボンのようにツーリスト用に明るく整備された場所ではなく、ローカルなリスボン体験するのに向いている場所なので、ちょっと怪しげな雰囲気だと感じる人も多いかもしれません。
ビールが進む場所だけに、夕暮れ時から酔っ払いっぽい人達もいる場所でもあるので、ゆったりするスポットというよりは、若者のスポットかな?という印象を今回は受けました。
瞬く間に変化しているリスボンでは次回訪れた時には既に、違う感じになっているかもしれませんが…

目の前にはホテルがあり、そこの庭でビールやワインと共に会話を楽しんでいた…

私のお気に入りのアズレージョ【コインブラのサンタクルス教会】

イメージ
毎月、定期的に私たちの元へ届くJALの「エクゼクティブのための知的情報誌」AGORA。色々な国の情報が載っているので毎月楽しみにしているのですが、届いた雑誌を開けてみると今月の表紙もまたアズレージョ!!!ポルトガルは数ヶ月前に何ページにも渡ってフォーカスされたばかりだったので、え!またポルトガル???と高鳴る想いを抑えつつ急いでページをめくってみると、今回のメインはイギリスでしたが、やっぱり表紙はポルトガルでした!なかなかないパターン。


説明文は目次の横にとても小さくしか書かれていなかったのですが、ポルトの街中にあるアズレージョでした。それにしても、やはりアズレージョは青だけのものが美しい。アズレージョにはポルトガル語の青を意味するアズールのものが多いですが、カラフルな絵で描かれたものもあります。しかし、私がいつも惹かれるのは青だけで美しく描かれたタイル。

ということで、この雑誌には表紙以外どこにもアズレージョやポルトガルのことが載っていなく少し寂しかったので、今日は私がここのところ1番気に入ったアズレージョについて書きたいと思います。

場所はポルトガル屈指の学生の町、コインブラ。世界最古の大学の一つであるコインブラ大学で有名な町です。



そんな町のまん真ん中にある5月8日広場の目の前にあるIgreja e Mosteiro da Santa Cruz (サンタクルース教会・修道院)。またもや、日付けの名前がついた広場の登場です。笑



そんな旧市街地にある12世紀に建てられた「サンタクルス教会」で見たアズレージョが最近の私の中では大ヒットでした。12世紀に建てられたものの、16世紀に全面改装されているらしいです。



見てくださいこの美しさ。

中に足を踏み入れた瞬間、ヒンヤリとした教会の空気と一緒に目に入ってくる芸術的に描かれた壁一面のアズレージョ。ここの教会はファザードが美しくポルトガル人に見に行っておいでと勧められたのですが、私としては断然、礼拝堂のアズレージョの方が好みでした。



他の教会ほどゴールドを使用していないためか、少し雰囲気的には落ち着いた感じの内部。暗く見えますが、とってもクラシックで素敵です。壁一面全てではなく、一部に少しずつ型取って残されているアズレージョの部分と礼拝堂全体の雰囲気がマッチしていて心に響きました。



この教会では今も普通にミサが行われて…

ポルトのレストラン情報【Restaurante Abadia Do Porto】

イメージ
最近は日本の中でポルトガル熱がジワジワと上昇して来ていて、「ポルトガルへもうすぐ行くので色々教えてください!」なんて私たちに声をかけてくれる人も増えて来ました。と言うことで今日はツーリストの方にも役立つレストラン情報をお裾分けしたいと思います。
確実に外せない旅行スポットのポルトで人気のレストランRestaurante Abadia Do Porto
「Abadia」とは修道院と言う意味です。「ポルトの修道院」と言う名前のレストランなのでやはり昔は修道院だったのでしょう。ポルトガルには修道院を改装して作られたものがとても多い!
でも、字体がなんか怖いですね・・・笑

ポルトの中心地サンタカタリナ通りのボリャオンマーケットのすぐ横にあります。メイン通りからは一本だけ奥まったところにあるので、知っていないと行けないレストランではありますが、大人気のレストランです。
4年前くらいまでは地元の人で賑わっていたのですが、今回訪れた時にはすでに90%が観光客でポルトガル語はあまり周りから聞こえて来ませんでした。
と言うことで、日本語メニューこそないものの、英語、フランス語、ドイツ語などほとんどの言語でのメニューがあるのでポルトガル語が全然できなくても安心。ウェイターさんは英語ができない人もチラホラいますが、そこはポルトガル人持ち前の明るさとホスピタリティで乗り切れると思います。本当にそういう明るいところもポルトガル人の良いところですよね。
ここのレストランで出してくれるのは全てポルトガル料理。

まずはタコのオリーブオイル焼きをオーダー。O polvo à lagareiro と言う料理でポルトガル料理の代表料理の一つと言っても良いと思います。タコやジャガイモをオリーブオイルに 浸してオーブンで焼いたもの。lagareiroは搾油所の人、搾油する人と言う意味で、大胆にオリーブオイルを使った料理には、lagareiroと付いているものが多いです。
やっぱりタコの大きさがダイナミック!付け合わせの野菜の家庭料理感もすごい。笑

そして出ました。私たちの中で結構ツボな「ポルトガル流お鍋でドン。」お鍋そのまま出されるフェイジャオン。ブラジルのフェイジャオンとは違い、ライスが中に入っていました。フェイジャオンは本当に頼む地域、レストランによって全く違う形で提供されることが多いので、私はいろ…

ポルトガルのベビーシャワーと出産 Chá de bebé

イメージ
週一回のポルトスタイルの更新ですが、先週は急にお休みをしてしまい申し訳ございませんでした。

実は5月15日予定日だったベビーがいるのですが、3日に急に産まれて来てくれて私たちも大忙しの週になってしまい無断欠席を・・・。笑 初産でしたので早まることはないと思いアナウンス不足でしたが、無事元気な女の子を授かりました。

ということで、今日はちょっとだけポルトガルの出産事情についてお話したいと思います。まぁ想像がつくとは思いますが、ポルトガルは本当に妊婦やベビーに対して優しい国!!!妊婦ってだけで、どこでも話しかけてくれるし、優しくしてくれるし、ベビー連れていればコネクリ回されます。そんな愛情たっぷりなポルトガル人。

ポルトガルでもアメリカほど豪華ではないことが多いですがベビーシャワーをする風習があり、chá de bebé と言います。アメリカでは大体ベビーシャワーはプレゼントリストを作って、欲しいものをお店にレジスターしておき、ゲストが買って行くシステムですが、ポルトガルでは「何が欲しい?」と聞くことはあっても、あまりレジスターまではしないことが多いです。

ポルトガル人はアメリカほど派手にやらないところが多いのも特徴。親戚国ブラジルなんかはもう、業者を呼んだり、親族一同でホールを貸し切ってやるので、それはそれは盛大にカラフルでバブリーなchá de bebé を繰り広げます。ブラジルは自分がお金ある人だと、お金ある人の行動をしなければならない!と思っている人も多いので、やたらスゴイことになっているchá de bebé にもよく出席しました。

しかしポルトガルのchá de bebé は手作りのお菓子や買って来たパステリーを並べ、飾り付けもある程度手作りでチョコチョコっと可愛くシンプルにするスタイルの人たちが多いです。私たちもchá de bebé をやってみたのですが、日本文化ではないのであんまり大袈裟にやっても周りに迷惑かなぁと思い、飾り付けだけし、あとは湖畔でバーベQを親戚だけでしました。


あとは名前入りの何かをプレゼントするというスタイルもchá de bebéの定番です。私が今までのchá de bebé でもらったものの順位は名前入りの1位マグネット、2位キャンディー、3位石鹸です。 今回私達はスパークリグウォーターにしました。



ポルトガルだったら良いけれ…